HOME>特集>不動産売買の手続きを上手くイメージするのは大切です

不動産の売却時には売却先を考える

一棟マンションの売却をする際にはその売却相手について考える必要があります。この場合の売却先は投資家であることが一般的となります。通常のマンション売買では、新しい部屋を探して新居に引っ越したいという入居者がターゲットですが、ら一棟丸ごと売却する場合の売却先は投資家となります。不動産売買をする時はターゲットを明確に意識するのが大切です。一棟マンションの売買をする時は新たなマンションのオーナーを探すということを意識するのが大切です。不動産市場においてこうした物件はオーナーチェンジ物件と呼ばれています。

査定が大切です

一棟マンション査定の方法は通常の物件を査定法とは異なります。部屋ごとの売却をする時は、過去の取引事例を参考にして査定をします。こうした方法は取引事例比較法とも呼ばれています。一棟マンションを査定する時に大切なのが予想収益率です。査定をする時は不動産鑑定士による資産価値の算出も必要となります。予想収益率を参考にして、一棟マンションの査定をする時は予想される家賃収入額からその資産価値を算出します。一棟マンションの売却をする時に依頼する仲介会社は、こうした物件を専門に取り扱っている不動産会社となります。

広告募集中