HOME>イチオシ情報>物件を売るときは安全な手法を利用してみよう

瑕疵について注意しないといけない

家の模型とお金

物件を売るときに仲介という手法があります。仲介とは不動産屋を利用して一棟マンションを他の方に売却する方法です。メリットは買取と比較したときに結構良い金額で売れるところです。ただ注意点として仲介を利用すれば瑕疵担保責任のリスクがあるので注意しておきましょう。瑕疵担保責任とは物件を相手に売ったときに、買い手の知らない欠陥箇所があったとき売り手に損害賠償が発生するものです。損害賠償責任が発生すると金銭的なリスクがかかるので注意しておく必要があります。そこで安全に仲介で物件を売りたいときは不動産業者のサポート力に注目しましょう。売却物件を隅々まで調べてくれるといった細かいサポートをしてくれるなら安心感があります。

仲介と買取で変化する

集合住宅

不動産屋では一棟マンションを売るときには仲介と買取を利用できます。買取とは直接不動産屋に一棟マンションを売却できるものです。即現金化をすることができるのですが、その分売却金額はかなり安いです。不動産物件は売るまでかなりの時間がかかるものなので、すぐに現金がほしいときに買取を利用してみましょう。仲介は不動産屋を介して他社に物件を売るものです。基本的に買取よりも高い金額で売れますが、売却できるまで半年以上はかかります。

買取をするのなら相場を調べよう

男女

一棟マンションを売却する前に買取価格を調べておくのが基本です。どうすれば買取価格を調べることができるのかというと、不動産屋に査定をしてもらいましょう。それぞれの不動産屋によって買取価格が違います。そのため複数の不動産屋に査定に出すのが基本です。高く売れるサービスを探すのはかなり時間がかかるので、一括査定サイトを使うと便利です。一括査定サイトは複数の不動産屋に査定をしてもらえるものなので、時間を掛けずに物件の価値を知ることができます。

広告募集中